心のそばに。


2014.5/2






気が付けば桜も終り

そろそろ初夏の香り

s-041 (2).jpg
 高い空まで顔が上がったら、
暑い日差しももうすぐだよ。いっちゃん。

 

偶然の出逢いからはじまり
 いつしか私の道は
いっちゃんの歩む道と
静かに重なっていました。
s-018.jpg

ゆるやかな風のような優しさで
さり気なく
ゆるぎなく つよく
いつもそばにいてくれた。

s-036 (2).jpg
何度も繰り返された冬
何度も繰り返された春
s-017.jpg

ずいぶん歩いてきたね。
私たちの後ろには長い長い道が見えます。

s-014 (3).jpg

私たちが歩んできた道。

s-015.jpg

変わらない いっちゃんも

s-005 (3).jpg

変わっていく いっちゃんも

s-013 (3).jpg

全てを愛してると伝えるための
16年と2ヶ月だったように思います。

s-006 (2).jpg

寄り添うことの意味を教えてくれた
いっちゃん。
s-014 (2).jpg

余命を告げられたあの日から
旅立つまでの1年10ヶ月の中で
私はいっちゃんへの愛を
覚悟に変えました。
s-005 (8).jpg
それは、少しずつカタチを変えて
やがて揺るぎないものになりました。
s-006.jpg

これから先に何があったとしても
どんなことが起ころうとも
私はいっちゃんと繋いだ手を決して離さない
全力でこの子の旅立ちを支えるんだ。
s-034.jpg

いっちゃんがこれまでずっとそうしてくれたように
私はいっちゃんのそばで最期までいっちゃんの最大の理解者でいようと
やるだけのことは全てやろう。
静かな日々をゆっくりと受け入れました。

s-005 (5).jpg



美味しそうに食べてくれることに安堵し
s-020.jpg
その日がいつか終わることを心のどこかで想像し
この時間が永遠であってほしいと祈った日々。
s-007 (3).jpg
こころが
光と闇に包まれるとき
いつの日も道しるべは
いっちゃんたちであったことに
気づく。
s-002.jpg
今は目に見えるカタチとしての道しるべはなくても
導かれているのを感じます。
s-005 (7).jpg

いっちゃんとだから乗り越えられた
お互いの大事さを知ることが出来たように思います。

 
s-001 (2).jpg
いっちゃんと過ごした日々が
桜の花びらのように
s-073.jpg
ふわりふわり
今も優しく
心に積もっていく

 s-001 (4).jpg

重ねた想い出が
キラキラ光って
きれいだよ、いっちゃん。
s-002 (5).jpg
ずっとずっと
これから先も
心で結んだ絆は永遠だから
だいじょぶなんだよ。
 s-001 (3).jpg


「さよなら」から また新たに
始まるページがあります。
s-021.jpg
私の中にこんなにも
深い想いがあることを
教えてくれて
ありがとね。
s-005 (6).jpg

信じることも
愛することも
未来への希望も
ゆっくり
刻んでいこう。

s-003.jpg

約束しなくても
必ず巡ってくる
春のように

s-029 (2).jpg

たとえそばにいなくても
繫がってるよ。

s-002 (10).jpg

いっちゃんの介護中は
このまま時間が止まればいいのに。と想うほどの時もあったけど

今、こんな穏やかな気持ちでいられることに
ありがとう。


s-027 (2).jpg
 

私からの「アイシテル」が
流れ星のように
光の国の子たちの心に届きますように。
s-025 (2).jpg

たとえ遠く離れても
私たちは 空で繫がっている

どんなに遠く離れていようとも
私たちは心で つながっているんだよ
s-013.jpg

永遠の時間の中で
いつも
ともに生きている。

s-002 (2).jpg

感じてるよ
いつも
いっちゃん。
あなたがここにいることを
s-s-031.jpg

感じていてね
いつも
私がここにいることを

s-kjskd 17227.jpg

同じ時を重ねながら
共に紡ぐ
心の糸を

s-003.jpg
きゅっと
結んでいきながら

s-001 (2).jpg
これからも
ちいさな一歩
この足取りを続けていくよ


そう。
これからも変わらず
ちいさなイチを重ねながら
歩いていく

s-001.jpg
いつの日も
いっちゃんたちといっしょに。

 s-002 (7).jpg


いっちゃん。
さようならじゃなくて
ありがとう。って言うね。

 

巡り会えた奇跡は
永遠の光になって
今も輝き続けている。


涙に彩られた想い出も
笑顔でいっぱいの想い出も
ここまでくる道のりも

s-046.jpg

いっちゃんとのすべての想い出と
支えられた16年2ヶ月に
ありがとう。



もう。ね
宇宙の果てまでも
「ありがとう」の想いが溢れるよ。
s-005 (4).jpg



私たちの永遠を
また
この場所から始めよう。

 

溢れる喜び 幸せを
いっちゃん。
これからもいっしょに感じよう

伝わるぬくもりと やさしさを
お空のあの子達へ
s-002.jpg
リボンをつけて届けたい。

s-014.jpg

だいじなものは
いつもここにある

どんなときも
ここにある

ならんでいつも
ここにある











 



 


 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Pet Care Station*


〒520-2343
滋賀県野洲市大畑9-11
営業時間
10:00〜18:30
定休日 木曜日・毎月15日
(諸事情により変更あり)
TEL 077-518-0661
HP http://petcarestation.com/

**どうぶつかぞくたち**
まぁこ題.jpg
まぁこ
*収容先だった保健所の方々が命名
推定年齢15歳〜16歳くらい
2019年6月6日に家族になりました。

県外の行政施設出身の
少し大きめの中型和犬雑種の
可愛い老犬の女の子です。
ゆったりペースの
お散歩が大好き!


s-kako-btg3kk6K3hKrDxJe.jpg
☆優月(ゆづき)☆
2014年4月18日生まれ(推定)の
雑種の三毛の女の子。
趣味:咲桜のごはんを横取りすること。
*☆*:.。.*.。.:*
6匹兄妹の野良猫の子として生まれました。 いたずらっこの甘えん坊。 日々、いろんなものをせっせと破壊しながら毎日、元気に楽しく暮らしています。いつも「ゆっさん」と呼んでます♪鼻にちょこんとついた黒い柄がチャームポイント。 「にゃあ」ではなく「ノォォォー」となくツワモノです。


優月と家族になって


s-kako-SiMS2xfjDnnbqUiY.jpg
☆咲桜(さお)☆
2002年3月10日生まれ
2014年11月9日 12歳8か月で家族になる
2019年2月28日 天使のお迎え
享年 16歳11ヵ月18日
 
*:.。*.:*☆*
過不足ない、幸せな日々をくれた咲桜は、 すべてが柔らかくなっていく季節に
ほぼ17年の犬生を全うし
天使になりました。
ゆるく沢山がんばりました。
お空でもニコニコちゃんでいてね。
シニアドッグは、かわいく愛おしい上に「老いていくとはどういうことか」を身をもって教えてくれる尊敬する存在です。

konogprp.jpg
さおちんとの宝物作り
 始めました。

UP
犬このごろ便り 9

犬このごろ便り 8

犬このごろ便り 7

犬このごろ便り 6

犬このごろ便り 5

犬このごろ便り 4

犬このごろ便り 3

犬このごろ便り 2

犬このごろ便り 1

光の国の子たち


saku1.jpg

☆SAKU(本名 さくら)☆
ヨークシャーテリアMIX?女の子。
推定年齢7歳で我が家に舞い降りた天使です。共に暮らした11年という時間の中で命を見つめることの意味や介護について身をもって私に伝えてくれました。 SAKUが教えてくれた温かいオモイを必ず「これから」に繋げていきます。

 2012.12/31
SAKUらしい花を咲かせながら
穏やかに ゆっくり のんびり
お空へと旅立ちました。
  
享年 17歳9ヶ月と28日 

kako-bOpUGtx11dn8OreT.png

 
星のやくそく

kako-GrgcGE3yr2kkhpnm.png


1月9日。オモイのカタチ

kako-3CBTY8pdupqIsI6I.png

 また次の春へ



ichigo.jpg
☆ICHI(本名 いちご)☆ 
積み重ねてきた16年間も 余命を告げられてからの約1年10ヶ月も、その全てが喜びと幸福と感謝に包まれた夢のような時間でした。いちごいちえのいちごちゃん。光の国でもひときわ輝く星でありますように。いっちゃんは私にとって永遠の愛おしい幸齢猫です。
 


2014.4/12   
桜の花びらがひらりゆらり   
  風に踊るやわらかな春の日   
SAKUたちの住む
光の国へお引越ししました。
  
享年 16歳2ヶ月と26日


クローバー心のそばに。クローバー
(2014.5/2)


*いっちゃんの頑張り日記は、死への記録ではなく「生」の記録です。いっちゃんの懸命に生きる姿を綴りました。きれいな所だけ切る取ることなんかできない、どれも大事で全部忘れることができない私たちを作ってきた想い出の欠片たちです

 いっちんの頑張り日記〜最終章〜
(2014.5/1)


s-kako-QjRdCjG26wEj2Tqx.jpg
いっちんの頑張り日記〜第12章〜
いっちんの頑張り日記〜第11章〜
いっちんの頑張り日記〜第10章〜
いっちんの頑張り日記〜第9章〜
いっちんの頑張り日記〜第8章〜
いっちんの頑張り日記〜第7章〜
いっちんの頑張り日記〜第6章〜
いっちんの頑張り日記〜第5章〜
いっちんの頑張り日記〜第4章〜
いっちんの頑張り日記〜第3章〜
いっちんの頑張り日記〜第2章〜
いっちんの頑張り日記〜第1章〜


win3.jpg

☆優音(本名 ういん)☆
ワイヤーフォックステリアの女の子。
当時9歳5ヶ月という年齢で多くの疾患を抱えたまま飼育放棄され 2007年8月9日に私たちと出会い、大切な家族となりました。
大きな心の傷・たくさんの病気に立ち向かい家族みんなで懸命に戦いました。
「いつもどんな時も笑顔でいること」の大切さを今も尚 毎日私に教えてくれる
愛おしい愛おしい我が子です。
 
優音は 2011.1/9
お空へと旅立ちました。
  
享年 12歳10ヶ月と6日 


優音への最後のプレゼント

kako-GT0QyClu6mbQaPB0.png


優しい音


 優音との約束


selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM